img_02

新たな法律事務所の情報!

人間の社会には法律というルールがすべての物事の根底に存在しています。
法律により人々は守られて生きているのです。法律を守らない人は当然のことながら罰せられます。

法律は発達した生命体の証拠でもあるのです。

人間だけではありません。

法律を持つのは動物も同じです。動物の中には例えばサルやライオン、ウマなどの群れで生活する動物には必ずルールがあると言われています。


法律は日本では縄文時代より以前からあったといわれています。聖徳太子が作った冠位十二階や十七条憲法も法律です。
法律は歴史の中でも本当にたくさん作られてきました。

奈良時代になると律令と呼ばれるものがつくられ、それは法律とその法律を守らなかった場合の刑罰を両方記載したものです。


これにより、法律を守らなければどうなるのかということがはっきりと文章化されました。戦国大名たちは自分が所有する国の中で効力を発揮する分国法というものを制定しました。

これは現在の日本で言うと条例に相当するものです。
この時代から条例の基礎となるものができていたということに驚きます。分国法には、それぞれの国の特徴がはっきりとあらわれているものもあり、非常にユニークなものもあります。

法律事務所・弁護士事務所の口コミサイトの情報を見つけよう。

江戸時代になっても各藩の藩主がそれぞれの藩に独自の法律を作りこれもまたその藩の特徴が如実に表れていて非常におもしろいものが多いです。
今の日本の法律はすべて日本国憲法に基づいてつくられております。

法律には民法、刑法、商法、などさまざまな法律があります。国民はそれらすべての法律を守らなくてはいけません。
もしも守らなければそれに対しては罰を受けなければなりません。

罰を決めるのは裁判所です。


裁判官は法律に基づいて量刑を決めることになります。

最近では裁判員制度が制定されましたので一般人が裁判に参加して量刑を決めるということも行われています。

法律により我々の生活は決められていて制限されているのですが、しかしながら法律により我々の生活は守られているのです。

法律は非常に重要でなくてはならないものなのです。